読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

not yet

本やゲームの感想など

ゲーム感想:『ペルソナ5』

初ペルソナシリーズ。終わった時の「名残惜しさ」が凄く印象的なゲームでした。

やり込み的なことは行わなかったにも関わらず、1週のプレイ時間は70時間ほど。

ペルソナ5 - PS4

ペルソナ5 - PS4

特殊な能力を持った主人公達が悪人を「改心」させていく、デスノートコードギアスを彷彿とさせるストーリー(しかも主人公の声はルルーシュと同じ)。

とは言うものの、ペルソナ5は「仲間を助ける」が話の軸で「世直し」的な側面とその影響は結果的についてくるという感じ。

「悪人の心なら強制的に心を入れ替えさせても良いのか」という点も少し触れられる程度ですが、世直し的側面やその手法の倫理的議論が前に出すぎるとゲームとしては小難しくなりそうなので、良かったと思います。

約半年間、ほとんど毎日プレイヤーが行動を選んで過ごせるシステムとマッチして、いい感じに感情移入して遊ぶことができました。

また、その日常の中や、ダンジョン・戦闘で流れる音楽は噂に聞いていた通り素晴らしかったです。

クリア時、お別れの前に最後に街を巡るとき、日常パートでずっと聴き続けた音楽ともこれでお別れか、と感慨深いものがありました。

『ペルソナ5』オリジナル・サウンドトラック

『ペルソナ5』オリジナル・サウンドトラック

細かな不満点

  • 1日の切り替わり時のロード時間が長い。
    • 最終的にはまぁいっかっていう気になるのですが。
  • 戦闘中、主人公が倒れるとその瞬間にゲームオーバー。味方が生き残っていても関係がない。
    • 弱点もしくはクリティカルからの事故死もありえるゲームシステムなので、これは勘弁願いたかったです。