読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

not yet

本やゲームの感想など

小説感想:『ささやく真実』

コンパクトで読みやすく、無駄のないフーダニットもの。

最後の犯人を追い詰めるための仕掛けについては都合が良すぎる印象を受けましたが、犯人の絞り込みに用いられた手掛かりは自体は明確で「よく考えればそうじゃん!」と納得できるものでした。

被害者が主催したパーティーで自白剤を飲まされ、動機となりうる秘密を暴露してしまった人物たちが容疑者、という最初から程よく不穏な感じが渦巻く舞台設定も魅力的です。

ささやく真実 (創元推理文庫)

ささやく真実 (創元推理文庫)