not yet

本やゲームの感想など

ゲーム

ゲーム感想:『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』

PS Vita で発売されたゲームの PS4 移植版。「ストーリーが良い」という評判を聞いていたので、遊んでみました。 一通りクリアしたので、ストーリーのネタバレはなしで感想を。プレイ時間は 60時間ほど。 ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団出版社/メーカー: 日…

ゲーム感想:『アライアンス・アライブ』

プレイ時間30時間程でクリア。 アライアンス・アライブ出版社/メーカー: フリュー発売日: 2017/06/22メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (2件) を見る よく練り込まれた世界設定が、メインのストーリーとは離れて小さなイベントや会話に散りばめられ…

ゲーム感想:『project OCTOPATH TRAVELER DEMO ver.』

期待の Nintendo Switch 向け新規IP RPG の体験版。 www.jp.square-enix.com もともと期待していましたが、いい感じのドット絵と 3D の融合、戦略の幅が広そうな戦闘システム、キャラクター毎にとれる良い意味でゲームっぽい NPC とのインタラクションなど、…

ゲーム感想:『大逆転裁判2』

良かった、今回は良かったです! 大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-出版社/メーカー: カプコン発売日: 2017/08/03メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (6件) を見る 唐突な終わり・伏線丸投げを含めて諸々微妙だった『大逆転裁判』から2年、発売前は「…

ゲーム感想:『LiEat』

詐欺師の男性と嘘を食べるドラゴンの女の子(かわいい)の物語。自分は Steam で購入しましたが、フリーで公開されているもののようです。 store.steampowered.com RPG 要素(戦闘)はおまけ程度で、移動と会話がメインのゲーム。三部作で一作の所要時間は 3…

ゲーム感想:『VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action』

プレイヤーはバーテンダーとして、お客からのリクエストに答えるようなカクテルを出しつつ、会話を読んで楽しむゲーム。出すカクテルによって会話が変わったりするので、カクテルが選択肢の代わりのノベルゲーム、のようなものと思っておけばそんなに間違っ…

ゲーム感想:『OneShot』

とりあえず1回クリアしたのでエントリーを。2周目も追ってプレイしようと思います。主人公の Niko 君が健気でとてもかわいい。 store.steampowered.com 脱出ゲームに近い感じで、周りを探索してアイテムを集め、時に集めたアイテムを組み合わせながら次の場…

ゲーム感想:『Ori and the Blind Forest』

幻想的なグラフィックが特徴的な 2D アクションゲーム。オープニングから惹き込まれます。エリアの探索・突破を楽しむスタイルのゲームで、操作感が良く、触っていて気持ちのよいゲームでした。個人的にはこのくらいの画面サイズとキャラクターサイズ比(キ…

ゲーム感想:『追放選挙』

最初の『選挙』が終わったところで「これはプレイするモチベーション保てないなー」と思って止めました。もう少し時間的に余裕がある時期であればもう少しプレイしてみたかもしれませんが…。 追放選挙出版社/メーカー: 日本一ソフトウェア発売日: 2017/04/27…

???:『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 超高校級の公式設定資料集』

意外性のある結末で様々な反響を呼んだ『ニューダンガンロンパV3』の公式設定資料集。 ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 超高校級の公式設定資料集作者: 週刊ファミ通編集部出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/04/28メディア: 単行本こ…

ゲーム感想:『オーディンスフィア レイヴスラシル 』

難易度ノーマルでプレイで、20時間弱でクリア。アクションは気持ちよく快適で、苦戦する場面はほとんどありませんでした。使いやすい技のゴリ押しで大体大丈夫です。 オーディンスフィア レイヴスラシル - PS4出版社/メーカー: アトラス発売日: 2016/01/14メ…

ゲーム感想:『ペルソナ5』

初ペルソナシリーズ。終わった時の「名残惜しさ」が凄く印象的なゲームでした。 やり込み的なことは行わなかったにも関わらず、1週のプレイ時間は70時間ほど。 ペルソナ5 - PS4出版社/メーカー: アトラス発売日: 2016/09/15メディア: Video Gameこの商品を含…

ゲーム感想:『ファイアーエムブレム 聖魔の光石』

2004年10月7日にGBAで発売された作品。 なぜ今更こんな昔のゲームをプレイしたかと言えば、『ファイアーエムブレム ヒーローズ』がルナティック制覇まで終わり、やることなくなったしもういいかな(ストーリーがあってないようなものだったし、改善する気は…

ゲーム感想:『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』

1/16 : ところどころ加筆修正。 ※ ネタバレ超注意!本編に関する重大なネタバレを含みます。クリア前の方は読まないことを強くお勧めします。 とりあえず本編クリアしたので殴り書きです。 いろいろ伏線の見落としや考察の不足があると思いますが、ご容赦下…

ゲーム感想:『Her Story』

過去の事件のインタビュー映像のデータベースを、適切なワードを考えて検索、閲覧していくことで謎を解き明かすゲーム、『Her Story』をプレイしました。 store.steampowered.com 検索結果に対して閲覧できる映像は最大で5つまでで、一般的すぎる言葉(I や …

ゲーム感想:『MOMODORA -月下のレクイエム-』

ノーマル1周目のクリア時間は攻略サイトなしで6時間程、快適に楽しめました。 良かったところ 全体的な操作性 良作2Dアクションゲームと評価されているだけあって操作系は全体的に快適でした。 ジャンプ中を含めて移動時の変な慣性がなく、緊急回避アクショ…

ゲーム感想:『Undertale』

※ ネタバレ注意 ネット上で一種のカルト的な人気があるゲーム。気になっていたのでプレイしました。 Steam 上で「圧倒的に好評」なのは「こういうゲームが好きな人がプレイしている」ということに起因する部分も多いとは思いますが、それでも「こういうゲー…

ニューダンガンロンパV3 体験版をプレイして:期待と生存予想・クロ予想

いつの間にか発売日まで後20日を切っています。 体験版自体は「え、これで終わり?」という感じで少し消化不良気味ですが、本編には大いに期待してます。 本編クリアした後に「プレイする前はこんなことを思っていたんだなー」ということを懐かしむために、…

ゲーム感想:『ざくざくアクターズ』 - 傑作群像RPG

終わってみてのまず一番の感想は「これぞフリーゲーム」。「フリーゲームとは思えないクオリティの高さ」という方向性ではなく(クオリティが低いわけではもちろんないです)「フリーゲームならではの熱量の大きさ」が凄まじく、よく作り込まれていて、作者…

ゲーム感想:『星のカービィ ロボボプラネット』

シール集め以外一通りクリアした*1ので感想を。 星のカービィ ロボボプラネット出版社/メーカー: 任天堂発売日: 2016/04/28メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (1件) を見る 全体的に 『星のカービィ Wii』、『星のカービィ トリプルデラックス』の流…

ゲーム感想:『ライフ イズ ストレンジ』

ストーリー良し、雰囲気良しの良作品でした。手軽にプレイできることもあって、オススメ。 ライフ イズ ストレンジ出版社/メーカー: スクウェア・エニックス発売日: 2016/03/03メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (2件) を見る !!ネタバレ注意!! …

意図を持って設計しよう:『売れるゲームの UI/UX 制作現場の舞台裏』

扱っている一つ一つのゲームに対する説明が丁寧で、「よく考えられて作られているなー」と関心、納得できるものでした。製品版の UI/UX だけでなく、そこに至るまでの初期構想や過程も紹介されているので、どういう意図で最終的にそうしたのかということが明…

読書メモ:『ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!』

「人生というゲーム」にちゃんと向き合うことになった時、ゲーマーの人たちの持っているポテンシャルってのはかなりのもんなんじゃないかとは思うんです。 という言葉が出てくる第一回から始まって、川上量生氏と、ゲーマーやそうでない人が対談形式でいろい…

読書メモ:『桜井政博のゲームを作って思うこと2』

主にスマブラ for 3DS / WiiU と新パルテナの開発を題材に、ゲーム制作で心掛けていることや制作プロセスに関すること、そしてゲーム作りの大変さ(やばい)などが書かれたコラム集。「スマブラ」という超大作がコラムの時間軸上にずっと居座っているせいか…

ゲーム感想:『大逆転裁判』

これで終わり!? 5章の途中から「これは初の6章構成か!」と期待していたら、5章の法廷で一気に風呂敷畳められてしまいました。ワトソン教授の殺人事件の真実と逮捕しそこねた英国人留学生の行方、不幸の連鎖で死んでしまった亜双義の目的、意味深な革命家…

ゲーム感想:『ファイアーエムブレムif 白夜王国』

エンディングが始まった時、これは駄目だ…と思いました。要するに、残念ながら結構否定的な感想です。 ネガティブな感想なんて見たくない!という方は、見なかったことにしてそっと閉じていただければと思います。 ファイアーエムブレムif 白夜王国出版社/メ…

読書メモ:『Values at Play in Digital Games』

3行まとめ ゲームは、ストーリー、キャラクター、選択可能な行動とその結果・報酬、NPCや環境との相互作用、他プレイヤーとの関わり方など、いろいろな要素を通して、ある種の価値観の形成をプレイヤーに促す効果がある(ただし、同じゲームでもプレイヤーの…

書評:『Reality is Broken』(幸せな未来は「ゲーム」が創る)

3行まとめ 現実はゲームのように、明確で自分の能力に合った目標とその達成のための手順を与えてくれることがなく、即応的なフィードバックや分かりやすい報酬にも欠けているので、取り組みにくい 逆に、ゲームのそのような仕組みを現実に取り入れることで、…