not yet

本やゲームの感想など

小説感想:『ベヒモス―クラーケンと潜水艦―』

ベヒモス―クラーケンと潜水艦― (ハヤカワ文庫SF)作者: スコットウエスターフェルド,Scott Westerfeld,小林美幸出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2014/06/20メディア: 新書この商品を含むブログを見る 『リヴァイアサン: クジラと蒸気機関 』の続き。イスタ…

小説感想:『リヴァイアサン: クジラと蒸気機関』

リヴァイアサン: クジラと蒸気機関 (ハヤカワ文庫SF)作者: スコットウェスターフェルド,Scott Westerfeld,小林美幸出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2013/12/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る 第一次世界大戦頃の世界情勢をベースにしつ…

小説感想:『トム・ソーヤーの冒険』

トム・ソーヤーの冒険 (光文社古典新訳文庫)作者: トウェイン出版社/メーカー: 光文社発売日: 2013/12/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 子供の自己陶酔や知ったかぶり、大人の手のひらくるりな感じが嫌味なく爽やかに(?)書かれていて、「…

ゲーム感想:『Doki Doki Literature Club!』

「子供や心の弱い人にはオススメできません」 というフレーズで少し前に話題になった『Doki Doki Literature Club!』をクリアしました。 ddlc.moe とりあえず、気になった人はやりましょう!無料ですし、最後まで(スタッフロール見るまで)プレイするのにか…

正しい質問の力:『Wait, What?』

Wait, What?: And Life's Other Essential Questions作者: James E. Ryan出版社/メーカー: HarperOne発売日: 2017/04/04メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント "Wait, What?" 議論や否定に入る前にまず必ず事実確認を行うこと。 "I wonder.…

アルゴリズムから思考法を学ぶ:『Algorithms to Live By』

Algorithms to Live By: The Computer Science of Human Decisions作者: Brian Christian,Griffiths出版社/メーカー: William Collins発売日: 2016/04/19メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント 真に困難な、網羅的な計算で扱える範囲を超え…

政府 × 行動経済学:『Inside the Nudge Unit: How small changes can make a big difference』

Inside the Nudge Unit: How small changes can make a big difference作者: David Halpern出版社/メーカー: Virgin Digital発売日: 2015/08/27メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント 人に何か行動を促したい時は以下の EAST 原則を意識す…

システマチックに改善を続けるために:『Principles』

Principles: Life and Work (English Edition)作者: Ray Dalio出版社/メーカー: Simon & Schuster発売日: 2017/09/19メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント 判断基準・ルールを明確にし、言葉やコンピューターアルゴリズムの形で書き出す。…

自分に問いかける:『「良い質問」をする技術』

「良い質問」をする技術作者: 粟津恭一郎出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2016/10/03メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント 良い質問とは、聞かれた人が答えたくなり、かつ気づきを与える質問 軽い質問:答えたい・答えやすいけど…

行動経済学まんが:『ヘンテコミクス』

行動経済学まんが ヘンテコノミクス作者: 佐藤雅彦,菅俊一,高橋秀明出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2017/11/16メディア: 単行本この商品を含むブログを見る ポイント 人間とは、かくもヘンテコな生きものなり。 感想 どこかで見たことがあるような…

プラシーボだっていいじゃない:『「病は気から」を科学する』

「病は気から」を科学する作者: ジョー・マーチャント出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/04/13メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント プラシーボであっても治療効果・鎮痛効果があるのであればそれは有用で、利用価値がある。 プラシー…

プロジェクトの成功・失敗を予見する:『アドレナリンジャンキー』

アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターン作者: トムデマルコ,ピーターフルシュカ,ティムリスター,スティーブマクメナミン,ジェームズロバートソン,スザンヌロバートソン出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2013/10/11メディア: Kind…

小説感想:『ここから先は何もない』

小惑星探査機が採取してきたサンプルに含まれていた、人骨化石を巡って繰り広げられる長編 SF。 ここから先は何もない作者: 山田正紀出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2017/07/21メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 設定・結末に面白みを感…

正しいお金の使い方について:「幸せをお金で買う」5つの授業

何かの動画で同じような話題について見たことはあったのですが、そろそろ来年の目標なり計画なりを決める時期なので、せっかくなので何かの参考にと読んでみました。 「幸せをお金で買う」5つの授業 (中経出版)作者: エリザベス・ダン,マイケル・ノートン,…

「創造性とは試行錯誤の結果なんだ」:『クリエイティブ・マインドセット』

デザイン会社のIDEO の創業者の兄弟による、創造力を養い発揮するためのアドバイス。 クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法作者: デイヴィッド・ケリー,トム・ケリー,千葉敏生出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2014/…

ゲーム感想:『Late Shift』

実写映像で展開される物語の中で選択肢を選ぶ、ゲームと映画の中間のようなゲーム。エンディングは 7種類とのことですが、3周やって3種類見ました。 store.steampowered.com 良い 映画的で映像・演技がしっかりしている 選んだ選択によって違うエンディング…

小説感想:『首折り男のための協奏曲』

伊坂幸太郎短編集。 首折り男のための協奏曲(新潮文庫)作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/05/19メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る すごく面白くて印象に残った、という作品はありませんでしたが、テンポの良さや偶然の絡ま…

ゲーム感想:『スーパーマリオ オデッセイ』

スタッフロールまで来たので、一旦の区切りということで感想を投稿。 スーパーマリオ オデッセイ 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2018/1/8注文分まで)】出版社/メーカー: 任天堂発売日: 2017/10/27メディア: Video Gameこの商品…

小説感想:『ソラリス』

「意思を持った海」と人類の接触を巡る物語。 ソラリス (ハヤカワ文庫SF)作者: スタニスワフレム出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/05/29メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る 人類の理解を超越した「意志を持った海」を相手取ったファ…

小説感想:『ブルーローズは眠らない』

『ジェリーフィッシュは凍らない』で鮎川哲也賞を受賞した市川憂人氏の推理小説第二弾。 ブルーローズは眠らない作者: 市川憂人出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2017/09/21メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 今作のテーマは密室トリック。 …

天才は何がすごいのか:『先を読む頭脳』

羽生善治氏 × (人工)知能。人工知能の核心 (NHK出版新書) が良い本だったので、似たようなテーマの昔の本も読んでみました。 先を読む頭脳 (新潮文庫)作者: 羽生善治,松原仁,伊藤毅志出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/03/28メディア: 文庫購入: 6人…

小説感想:『エンディミオンの覚醒』

『ハイペリオン』シリーズ四部作第四部、完結編。 エンディミオンの覚醒(上)作者: ダン・シモンズ出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2014/02/21メディア: Kindle版この商品を含むブログ (14件) を見る 上巻辺りまでは第三部『エンディミオン』に近い主人公…

小説感想:『エンディミオン』

『ハイペリオン』シリーズ四部作の第三部(後編一部)。 『ハイペリオン』、『ハイペリオンの没落』からは約300年後の世界。 エンディミオン(上)作者: ダンシモンズ出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2013/12/24メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1…

ゲーム感想:『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』

PS Vita で発売されたゲームの PS4 移植版。「ストーリーが良い」という評判を聞いていたので、遊んでみました。 一通りクリアしたので、ストーリーのネタバレはなしで感想を。プレイ時間は 60時間ほど。 ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団出版社/メーカー: 日…

小説感想:『ハイペリオンの没落』

英国SF協会賞/ローカス賞受賞。『ハイペリオン』の続編(というより、後編)。 ハイペリオンの没落(上)作者: ダン・シモンズ出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2013/09/25メディア: Kindle版この商品を含むブログ (13件) を見る 『ハイペリオン』に引き…

小説感想:『ハイペリオン』

ヒューゴー賞・ローカス賞・星雲賞を受賞した長編小説。 ハイペリオン(上)作者: ダン・シモンズ,酒井昭伸出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2013/08/23メディア: Kindle版この商品を含むブログ (6件) を見る 400ページ × 2 でまだ終わらんのか!というかメ…

眠りたい:『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』

良く眠るためのアドバイス集。 SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術作者: ショーン・スティーブンソン出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2017/02/27メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 最近、明らかに睡眠パターンが乱れていて辛…

人工知能と向き合う:『人工知能の核心』

羽生善治氏が人工知能を扱った NHKスペシャルのために行った取材を通じて考えたことをまとめた本。 人工知能の核心 (NHK出版新書)作者: 羽生善治,NHKスペシャル取材班出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2017/03/31メディア: Kindle版この商品を含むブロ…

変化すらも変化する:『9プリンシプルズ』

MIT メディアラボの伊藤穰一氏とジェフ・ハウ氏の著。 9プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために (早川書房)作者: 伊藤穰一,ジェフハウ出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2017/07/15メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 加速度的に変化の速…

ゲーム感想:『アライアンス・アライブ』

プレイ時間30時間程でクリア。 アライアンス・アライブ出版社/メーカー: フリュー発売日: 2017/06/22メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (2件) を見る よく練り込まれた世界設定が、メインのストーリーとは離れて小さなイベントや会話に散りばめられ…