not yet

本やゲームの感想など

何が、なぜ、好きなのか:『好き嫌い――行動科学最大の謎 』

好き嫌い――行動科学最大の謎 (早川書房)作者: トムヴァンダービルト出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2018/06/30メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る そして友よ、君たちは私に、趣味や嗜好をめぐる論争はできないというのだね?だが、およそ人生…

小説感想:『ファイト・クラブ』

ファイト・クラブ〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV)作者: チャックパラニューク出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/05/29メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 小説としてのタイプは全く異なりますが、最近読んだ『タタール人の砂漠』と同じように人生…

小説感想:『死の鳥』

死の鳥 (ハヤカワ文庫SF)作者: ハーランエリスン出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2016/08/15メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る 途中まで(最初の4編までだけ)読んだ、というメモ。 表題作の『死の鳥』は触りだけ読んだものの、なんだ…

小説感想:『アルケミスト 夢を旅した少年 』

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)作者: パウロ・コエーリョ出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 1997/02/21メディア: ペーパーバック購入: 65人 クリック: 692回この商品を含むブログ (242件) を見る いろいろなところで名前を聞いていた本。 いいこと…

『論理的思考力を鍛える33の思考実験』

論理的思考力を鍛える33の思考実験作者: 北村良子出版社/メーカー: 彩図社発売日: 2017/04/27メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る トロッコ問題やモンティ・ホール問題、テセウスの船、タイムトラベルのパラドックスなど、有…

小説感想:『タタール人の砂漠』

タタール人の砂漠 (岩波文庫)作者: ブッツァーティ,脇功出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2013/04/17メディア: 文庫この商品を含むブログ (24件) を見る そのときまで、彼は気楽な青春期を歩んできたのだった、その道は若者には無限につづくかに見えるし、…

人間は「最適」を定義できるか:『人工知能の「最適解」と人間の選択』

人工知能の「最適解」と人間の選択 (NHK出版新書)作者: NHKスペシャル取材班出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2017/11/15メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 『人工知能の核心』の続編に当たる本。前作は羽生善治さんという自分にとっての…

『どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた』

どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた作者: 吉田尚記,石川善樹出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー発売日: 2017/09/21メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る タイトルに惹かれて読みました。対談形式で読みやすかったで…

ゲーム感想:『嘘つき姫と盲目王子』

嘘つき姫と盲目王子 - Switch出版社/メーカー: 日本一ソフトウェア発売日: 2018/05/31メディア: Video Gameこの商品を含むブログを見る 「悪くはなかったけれどこれがフルプライスかー」です。あらゆるところで同じ感想が叫ばれているように思います。 この…

ゲーム感想:『Detroit: Become Human』

【PS4】Detroit: Become Human出版社/メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント発売日: 2018/05/25メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (8件) を見る 社会で労働力として普及していたアンドロイドが突如として自我を持ったらどうなるか、…

小説感想:『君の膵臓をたべたい』

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)作者: 住野よる出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2017/04/27メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る 結構前に名前をよく聞いた小説だったので読んでみました。 読みやすく、読んでいる間は普通に楽しめましたが、…

小説感想:『死者の代弁者』

死者の代弁者[新訳版](上) (ハヤカワ文庫SF)作者: オースン・スコット・カード,鷲尾直広,中原尚哉出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/04/08メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 『エンダーのゲーム』の続編。舞台は3000年後ではある…

小説感想:『ゴリアテ-ロリスと電磁兵器-』

ゴリアテ-ロリスと電磁兵器- (ハヤカワ文庫SF)作者: スコットウエスターフェルド,Scott Westerfeld,小林美幸出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2014/10/24メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る 『リヴァイアサン: クジラと蒸気機関』シリーズ最…

小説感想:『ベヒモス―クラーケンと潜水艦―』

ベヒモス―クラーケンと潜水艦― (ハヤカワ文庫SF)作者: スコットウエスターフェルド,Scott Westerfeld,小林美幸出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2014/06/20メディア: 新書この商品を含むブログを見る 『リヴァイアサン: クジラと蒸気機関 』の続き。イスタ…

小説感想:『リヴァイアサン: クジラと蒸気機関』

リヴァイアサン: クジラと蒸気機関 (ハヤカワ文庫SF)作者: スコットウェスターフェルド,Scott Westerfeld,小林美幸出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2013/12/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る 第一次世界大戦頃の世界情勢をベースにしつ…

小説感想:『トム・ソーヤーの冒険』

トム・ソーヤーの冒険 (光文社古典新訳文庫)作者: トウェイン出版社/メーカー: 光文社発売日: 2013/12/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 子供の自己陶酔や知ったかぶり、大人の手のひらくるりな感じが嫌味なく爽やかに(?)書かれていて、「…

ゲーム感想:『Doki Doki Literature Club!』

「子供や心の弱い人にはオススメできません」 というフレーズで少し前に話題になった『Doki Doki Literature Club!』をクリアしました。 ddlc.moe とりあえず、気になった人はやりましょう!無料ですし、最後まで(スタッフロール見るまで)プレイするのにか…

正しい質問の力:『Wait, What?』

Wait, What?: And Life's Other Essential Questions作者: James E. Ryan出版社/メーカー: HarperOne発売日: 2017/04/04メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント "Wait, What?" 議論や否定に入る前にまず必ず事実確認を行うこと。 "I wonder.…

アルゴリズムから思考法を学ぶ:『Algorithms to Live By』

Algorithms to Live By: The Computer Science of Human Decisions作者: Brian Christian,Griffiths出版社/メーカー: William Collins発売日: 2016/04/19メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント 真に困難な、網羅的な計算で扱える範囲を超え…

政府 × 行動経済学:『Inside the Nudge Unit: How small changes can make a big difference』

Inside the Nudge Unit: How small changes can make a big difference作者: David Halpern出版社/メーカー: Virgin Digital発売日: 2015/08/27メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント 人に何か行動を促したい時は以下の EAST 原則を意識す…

システマチックに改善を続けるために:『Principles』

Principles: Life and Work (English Edition)作者: Ray Dalio出版社/メーカー: Simon & Schuster発売日: 2017/09/19メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント 判断基準・ルールを明確にし、言葉やコンピューターアルゴリズムの形で書き出す。…

自分に問いかける:『「良い質問」をする技術』

「良い質問」をする技術作者: 粟津恭一郎出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2016/10/03メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント 良い質問とは、聞かれた人が答えたくなり、かつ気づきを与える質問 軽い質問:答えたい・答えやすいけど…

行動経済学まんが:『ヘンテコミクス』

行動経済学まんが ヘンテコノミクス作者: 佐藤雅彦,菅俊一,高橋秀明出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2017/11/16メディア: 単行本この商品を含むブログを見る ポイント 人間とは、かくもヘンテコな生きものなり。 感想 どこかで見たことがあるような…

プラシーボだっていいじゃない:『「病は気から」を科学する』

「病は気から」を科学する作者: ジョー・マーチャント出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/04/13メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ポイント プラシーボであっても治療効果・鎮痛効果があるのであればそれは有用で、利用価値がある。 プラシー…

プロジェクトの成功・失敗を予見する:『アドレナリンジャンキー』

アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターン作者: トムデマルコ,ピーターフルシュカ,ティムリスター,スティーブマクメナミン,ジェームズロバートソン,スザンヌロバートソン出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2013/10/11メディア: Kind…

小説感想:『ここから先は何もない』

小惑星探査機が採取してきたサンプルに含まれていた、人骨化石を巡って繰り広げられる長編 SF。 ここから先は何もない作者: 山田正紀出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2017/07/21メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 設定・結末に面白みを感…

正しいお金の使い方について:「幸せをお金で買う」5つの授業

何かの動画で同じような話題について見たことはあったのですが、そろそろ来年の目標なり計画なりを決める時期なので、せっかくなので何かの参考にと読んでみました。 「幸せをお金で買う」5つの授業 (中経出版)作者: エリザベス・ダン,マイケル・ノートン,…

「創造性とは試行錯誤の結果なんだ」:『クリエイティブ・マインドセット』

デザイン会社のIDEO の創業者の兄弟による、創造力を養い発揮するためのアドバイス。 クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法作者: デイヴィッド・ケリー,トム・ケリー,千葉敏生出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2014/…

ゲーム感想:『Late Shift』

実写映像で展開される物語の中で選択肢を選ぶ、ゲームと映画の中間のようなゲーム。エンディングは 7種類とのことですが、3周やって3種類見ました。 store.steampowered.com 良い 映画的で映像・演技がしっかりしている 選んだ選択によって違うエンディング…

小説感想:『首折り男のための協奏曲』

伊坂幸太郎短編集。 首折り男のための協奏曲(新潮文庫)作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/05/19メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る すごく面白くて印象に残った、という作品はありませんでしたが、テンポの良さや偶然の絡ま…